|
|
検査について
当院の人間ドックで実施している検査についての説明です。
ボタンをクリックすると各項目の説明に移動します。
身体測定
● 身長、体重、BMI、体脂肪率、腹囲測定
検査の内容 身長、体重、BMI、体脂肪率、腹囲を計測し、身体の状態(痩せ、肥満)を調べます。
検査で分かること メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の診断に有用です。
● 内臓脂肪面積測定 (CT検査)
検査の内容 体脂肪には「内臓脂肪」と「皮下脂肪」があり、腹筋の内側、腸の周囲の脂肪を「内臓脂肪」と言います。
ベッドに横たわった状態で、腹部にX線(放射線)を照射し、お臍の位置の断層像を撮影します。 → CT検査について
検査で分かること 内臓脂肪が過剰に蓄積すると高血圧、脂質代謝異常、糖尿病などを引き起こし、動脈硬化を進めて心筋梗塞や脳梗塞などを起こす原因になります。
眼科系検査
● 視力検査
検査の内容 裸眼と矯正視力(眼鏡やコンタクトレンズを装着した視力)を測定します。
検査で分かること 視力の低下は眼球の変化、視神経や脳の障害などから起こる場合もあります。
● 眼圧測定
検査の内容 眼球に軽く空気を当てて眼球内圧を測定します。痛みはありません。
検査で分かること 緑内障の診断に有用です。
● 眼底検査
検査の内容 目の奥の網膜、血管、神経細胞層を撮影します。
検査後は多少まぶしく、見えにくい感じがしますが、数分で回復します。
検査で分かること 網膜はく離や高血圧、動脈硬化、糖尿病などによる血管の変化を調べることができます。
↑ ページトップへ
聴力検査
検査の内容 防音室内でオージオメーターから発する音をレシーバーで聞き取って聴力を測定します。
検査で分かること 加齢や騒音による難聴は一般的に高音域から始まり、気が付かない間に進行します。
聴力低下の早期発見に有用です。
呼吸器系検査
● 肺機能検査
検査の内容 肺の容量(肺活量)や、空気を肺内に出し入れする換気機能(努力性肺活量、一秒量など)を調べます。
検査で分かること 呼吸機能障害(肺繊維症、気管支喘息、肺気腫など)の診断に有用です。
● 胸部X線検査
検査の内容 胸部にX線(放射線)を当て、レントゲン写真を撮影します。
肺と一緒に心臓などの観察も可能です。
検査で分かること 肺気腫、肺炎、肺結核、肺がん、心肥大などの診断に有用です。
● 胸部CT検査
検査の内容 ベッドに横たわった状態で胸部にX線(放射線)を照射し、断層像を撮影します。
胸部X線検査に比べ臓器の状態をより細かく調べることができます。
検査で分かること 肺気腫、肺炎、肺結核、肺がん、気管支拡張症などの診断に有用です。
● 喀痰細胞診
検査の内容 痰に含まれる細胞を顕微鏡で観察し、がん細胞の有無を調べます。
検査で分かること 肺がんの診断に有用です。
↑ ページトップへ
循環器系検査
● 血圧測定
検査の内容 最高血圧、最低血圧を測定します。
検査で分かること 高血圧症の診断に有用です。
● 心電図検査
心臓の電気信号を波形図として記録し、心臓の状態を調べます。
・ 安静時心電図
検査の内容 ベッドに横たわった状態で心電図を記録します。
検査で分かること 不整脈、心肥大、心筋梗塞、狭心症などの診断に有用です。
・ 負荷心電図 (マスター)
検査の内容 運動前と階段の昇降による運動負荷直後、3分後、5分後の心電図を記録します。
検査で分かること 運動に伴って起こる狭心症や不整脈などの診断に有用です。
・ 負荷心電図 (トレッドミル)
検査の内容 胸に電極をつけて、ベルトコンベアの上をベルトの動きに合わせて歩いたり走ったりしながら血圧の測定と心電図を記録します。
検査で分かること 運動に伴って起こる狭心症や不整脈などの診断に有用です。
運動開始から運動終了10分後まで、モニターにより心電図の変化を観察するためマスター負荷心電図と比べ、より多くの情報を得ることができます。
・ ホルター心電図
検査の内容 夕方から翌朝にかけて小型の心電図記録装置を体につけて、長時間連続して心電図を記録します。
検査で分かること 長時間測定することで、日常動作により起こる労作性狭心症や夜間睡眠中などの安静時に起こる安静時狭心症などが発見されることがあります。また、胸痛や動悸などの自覚症状が心疾患によるものかの診断にも有用です。
● 心臓超音波検査 (心エコー)
検査の内容 超音波を当てて心臓の形や動き、血液の流れを観察します。
検査で分かること 心肥大、心臓弁膜症などの診断に有用です。
↑ ページトップへ
消化器系検査
● 上部消化管検査
・ X線検査 (バリウム造影) 【絶食検査】
検査の内容 バリウム液を飲んで食道から胃、十二指腸をX線(放射線)撮影し、臓器の形の変化や異常を調べます。
バリウムは時間が経つと固まるので、検査後は水分を多く摂取する必要があります。また、下剤をお渡しします。
検査で分かること 食道がん、食道炎、胃潰瘍、胃がん、胃炎、胃ポリープ、十二指腸潰瘍などの診断に有用です。
・ 内視鏡検査 (胃カメラ) 【絶食検査】
検査の内容 口からファイバースコープを挿入し、食道、胃、十二指腸の内部を直接観察します。
検査中に組織の一部を採取して顕微鏡で調べる病理組織検査やピロリ菌感染の有無を調べるヘリコバクターピロリ培養検査を行う場合があります。
検査で分かること 臓器の状態を直接観察できるため、潰瘍やポリープ、がんなどの診断に有用です。また、病理組織検査を行うことでがん細胞の有無が調べられます。
● 下部消化管検査
・ 便虫卵検査
検査の内容 便を顕微鏡で観察し、寄生虫やその卵の有無を調べます。
検査で分かること 寄生虫病の診断に有用です。
・ 便潜血検査
検査の内容 消化管からの出血により、便に血液が含まれていないかを調べます。
検査で分かること 消化管の潰瘍やポリープ、がん(特に大腸がん)などの診断に有用です。
・ 内視鏡検査 (大腸ファイバー) 【絶食検査】
検査の内容 肛門からファイバースコープを挿入し、大腸の粘膜を直接観察します。
検査中に組織の一部を採取して顕微鏡で調べる病理組織検査を行う場合があります。
大腸を空にして検査するので、前々日から食事制限や下剤の服用があります。
検査で分かること 大腸がん、大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎などの診断に有用です。
・ 直腸診
検査の内容 肛門から指を挿入し、直腸を触診します。
男性は前立腺も調べます。
検査で分かること 直腸がん、直腸ポリープ、前立腺肥大、痔などの診断に有用です。
● 腹部エコー (腹部超音波検査) 【絶食検査】
検査の内容 お腹に超音波を当てて腹部臓器(肝臓、胆のう、膵臓、腎臓、脾臓など)の画像を観察します。
検査で分かること 脂肪肝、肝がん、肝硬変、胆石、胆のうポリープ、膵炎、腎結石などの診断に有用です。 
尿検査 【絶食検査】
● 比重、pH、ウロビリノーゲン、ケトン体、潜血、蛋白、糖
検査の内容 尿中に排出された成分などを調べます。
検査で分かること 肝機能障害、糖尿病、腎臓や泌尿器系の病気などの診断に有用です。
● 沈渣
検査の内容 尿中の固形成分(白血球、赤血球、上皮細胞、細菌など)を顕微鏡で調べます。
検査で分かること 腎臓や泌尿器系の病気の診断に有用です。
↑ ページトップへ
血液検査 【絶食検査】
● 血液学検査
・ 白血球、赤血球、ヘモグロビン、ヘマトクリット、赤血球恒数(MCV、MCH、MCHC)、
血小板
検査の内容 血球成分の量を調べます。
検査で分かること 貧血、多血症、白血病、炎症などの診断に有用です。
赤血球恒数(MCV、MCH、MCHC)は、貧血の種類の判定の指標となります。
・ 血液像(白血球分画)
検査の内容 白血球は好中球、リンパ球、単球、好酸球、好塩基球に分けられます。正常な状態の時は各血球の割合が一定範囲内に保たれています。血液像はその増減と異常細胞の有無を調べます。
検査で分かること 感染症、炎症、白血病、甲状腺機能障害、アレルギー性疾患などの診断に有用です。
● 血清学検査
・ ASO、CRP、RF、HBs抗原、HCV抗体、RPR・TP抗体、ヘリコバクターピロリ抗体
検査の内容 細菌やウイルスによる感染症の有無とリウマチ因子を調べます。
検査で分かること ASO : 溶血性連鎖球菌(溶連菌)の感染の有無
CRP : 体内の炎症の有無
RF : 関節リウマチの診断に有用
HBS抗原 : B型肝炎ウイルス感染の有無
HCV抗体 : C型肝炎ウイルス感染の有無
RPR・TP抗体 : 梅毒感染の有無
ヘリコバクターピロリ抗体 : ピロリ菌感染の有無
・ 血液型
検査の内容 血液型(ABO式、Rh(D)式)を調べます。
↑ 血液検査トップへ
● 肝機能検査
・ AST、ALT、LD、γ-GT、ALP、LAP、コリンエステラーゼ、総蛋白、アルブミン、
総ビリルビン
検査の内容 主に肝臓の機能を調べます。
検査で分かること アルコール性肝炎、脂肪肝、肝硬変、肝がん、肝胆道系疾患、心筋梗塞などの診断に有用です。
● 腎機能検査
・ BUN、クレアチニン、eGFR、尿酸
検査の内容 腎臓から尿に排出される物質で、腎臓の機能を調べます。
検査で分かること 腎炎、排泄障害などの診断に有用です。
尿酸は高尿酸血症、痛風などの診断に有用です。
● 膵機能検査
・ アミラーゼ
検査の内容 膵臓や唾液腺から分泌される消化酵素で、主に膵臓の機能を調べます。
検査で分かること 膵炎、膵腫瘍、耳下腺炎などの診断に有用です。
↑ 血液検査トップへ
● 糖代謝検査
・ 血糖、HbA1c
検査の内容 血糖は、血液中のブドウ糖を調べます。
HbA1cは、過去1〜2ヶ月間の平均した血糖の状態を調べます。
検査で分かること 糖尿病の診断に有用です。
● 筋疾患検査
・ CK
検査の内容 筋肉や心筋に多く含まれるため、筋肉に障害を受けると血中濃度が上昇します。 骨格筋、心筋などの障害を調べます。
検査で分かること 筋ジストロフィー、多発性筋炎、心筋梗塞などの診断に有用です。
↑ 血液検査トップへ
● 脂質代謝検査
・ 総コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪
検査の内容 脂質代謝異常を調べます。 脂質代謝異常は総コレステロール、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)、中性脂肪のいずれかが高値となるか、 HDLコレステロール(善玉コレステロール)が低値となった状態を言います。
検査で分かること 脂質代謝異常があると動脈硬化が進み、狭心症、心筋梗塞、脳血管障害、大動脈瘤などを引き起こす危険があります。
● 電解質
・ ナトリウム、クロール、カリウム、カルシウム、無機リン
検査の内容 電解質とはミネラルのイオンのことで、体液中でバランスよく一定の濃度を保っています。このイオン濃度を測定し、バランスの崩れを調べます。
検査で分かること 脱水症、腎機能障害、副甲状腺機能異常などの診断に有用です。
・ 血清鉄、TIBC、UIBC、フェリチン
検査の内容 主に貧血を調べる検査です。 血清中の鉄(血清鉄)は全てトランスフェリンという蛋白と結合しています。この蛋白と結合できる鉄の総量がTIBC(総鉄結合能)です。
フェリチンは生体内で鉄を貯蔵する蛋白です。
検査で分かること 鉄欠乏性貧血、再生不良性貧血、白血病、肝疾患や感染症などの診断に有用です。またフェリチンは、各種がんの腫瘍マーカーとしても利用されます。   
● 甲状腺検査
・ TSH、フリーT3、フリーT4
検査の内容 甲状腺の機能を調べる検査です。
検査で分かること 甲状腺機能亢進症(主にバセドウ病)、甲状腺機能低下症(主に橋本病)などの診断に有用です。
● 腫瘍マーカー
・ CEA、AFP、CA19-9、シフラ、PSA、CA125
検査の内容 悪性腫瘍(がん細胞)が体内にできたとき、血中に増加する特殊な蛋白を調べます。がんなら必ず検出されるわけではなく、早期がんでは反応の弱いものや、がん以外の病気でも増加することがあります。
検査で分かること 各マーカーの主な疾患部位
CEA : 主に大腸、胃などの消化器
AFP : 肝臓
CA19-9 : 膵臓、胆道系
シフラ : 肺
PSA : 前立腺
CA125 : 卵巣
↑ 血液検査トップへ
↑ ページトップへ
脳神経系検査
● 頭部MRI・MRA
検査の内容 磁気を用いて頭部の断層像(MRI)及び血管像(MRA)を撮影し、異常の有無を調べます。放射線被ばくが無く、小さな病変までとらえることができます。 → MRI・MRA検査について
検査で分かること 脳出血、脳梗塞、動脈瘤、閉塞性動脈疾患などの診断に有用です。
男性専用検査
● PSA
検査の内容 PSAは前立腺がんマーカーです。(腫瘍マーカー欄を参照して下さい)
検査で分かること 前立腺がんや前立腺肥大などの診断に有用です。
女性専用検査
● 乳房触診、マンモグラフィー
検査の内容 乳房を触診し、しこりや乳首からの異常分泌物の有無を調べます。
マンモグラフィーは圧迫装置で乳房を挟み、X線撮影します。乳腺が張っていると痛みを伴うため、月経が始まって1週間から10日後の検査をお勧めします。
検査で分かること 乳がん、乳腺症などの診断に有用です。
● 婦人科検査(子宮細胞診、内診)、CA125
検査の内容 子宮細胞診は、子宮頸部の細胞を綿棒で軽く擦り取り顕微鏡で異常細胞の有無を調べます。
CA125は主に卵巣がんの腫瘍マーカーです。(腫瘍マーカー欄を参照して下さい)
検査で分かること 子宮がん、子宮内膜症、子宮筋腫などの診断に有用です。
骨塩定量検査
検査の内容 超音波を使って踵の骨塩量を測定し骨の強度を調べます。
検査で分かること 骨粗しょう症の診断に有用です。
栄養相談
検査の内容 生活習慣に関わる調査及び生活診断を行い、健診アンケート、検査結果も踏まえた今後のアドバイスを行います。
検査で分かること 現在の生活習慣を確認し、今後の健康管理の設定に役立ちます。
↑ ページトップへ
Copyright © 2014 Ono Clinic. All Right Reserved.
|