|
|
■ 人間ドック
受診の注意点
@ 受診前のお食事について
受診前日は暴飲暴食を避け、夕食は午後9時までに済ませてください。その後は検査終了まで絶食でお願いします。
ガムや飴の摂取も、血液検査に影響を及ぼす可能性がありますのでお止めください。
水分摂取(お茶・お水のみ)は、受診当日の午前0時まで可能です。その後は検査終了まで絶飲でお願いします。画像
アルコール類の摂取はご遠慮ください。
A 服薬中の方
当日の朝は薬の服用を原則止めていただきますが、服薬中断が困難な方は事前に主治医または当院までご相談ください。また、当日は念のため薬を持参してください。薬剤を確認できるもの(薬剤情報やおくすり手帳等)をお持ちの方は一緒に持参してください。
糖尿病治療中の方画像
検査は絶食状態で行うため、いつも通りに糖尿病治療薬の服用やインスリン注射をされると低血糖発作を起こす場合があります。
薬の服用については必ず主治医に相談してください。
B コンタクトレンズを使用中の方
視力検査や眼圧測定などでコンタクトレンズをはずしますので、レンズケースなどを持参してください。
C 女性の方
下記に当てはまる方は検査を受けられない場合がありますので、事前にご相談ください。画像
・ 妊娠中、またはその可能性がある方
・ 授乳中の方
・ 受診日が生理期間にあたる方(生理期間以外での受診をお勧めします)
D 胃カメラ・大腸ファイバーの検査を受けられる方
内視鏡検査中に組織を採取して、病理組織検査(採取した組織が良性か悪性かを顕微鏡検査で調べます)や、ヘリコバクターピロリ培養検査(組織を培養してピロリ菌の有無を調べます)を行うことがあります。
組織を採取する際に出血があるため、抗凝固剤(血液をサラサラにする薬)を服用中の方は、主治医とご相談のうえ受診日の1週間前から服用を中止してください。
中止できない場合は、これらの検査を実施できない場合がありますのでご了承ください。
また、病理組織検査を実施した場合、検査当日はアルコール類および刺激物の摂取はお控えください。
上記の検査を行う場合は別途料金が発生します。
・ 病理組織検査 ¥7,500(外税)
・ ヘリコバクターピロリ培養検査 ¥3,000(外税)
E MRI検査を受けられる方
MRI検査は人体に磁気を当てる検査です。
下記に当てはまる方は、磁気に反応して火傷をしたり機器が誤作動を起こす可能性があるため、検査を受けることができない場合がありますので事前にご相談ください。
・ ペースメーカーや植込み型除細動器を装着している方
・ 刺青(イレズミ)やアートメイクをしている方
・ 体内に金属類がある方や装着中の金属類を外せない方
チタンなど磁気に反応しない金属や鉄分を含まない染料もありますので、MRI検査が可能かどうか事前にご確認ください。
妊娠中、またはその可能性がある方は、胎児への影響が不明であるためMRI検査はお勧めしません。
F CT検査を受けられる方
CT検査は人体にさまざまな角度からX線を当てる検査です。
下記に当てはまる方は検査を受けることができない場合がありますので、事前にご相談ください。
・ ペースメーカーや植込み型除細動器を装着している方
・ 授乳中の方
・ 妊娠中またはその可能性がある方
ページトップへ
お問い合わせ
Copyright © 2014 Ono Clinic. All Right Reserved.
|